読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほけん屋のつぶやき

保険の仕組みや市場の流れなどの情報提供させて頂いてます

積み立ては今後意味なくなる⁉︎

 

保険と言っても、色んな種類があって、わかりにくくないですか?

保険というワードで嫌がる原因の1つかもしれないですね。

そんな保険の中で、貯蓄しませんか?というような話を聞いたりしませんか?

しかし、「どんなものが実際良いかもわからない」なんて言葉も耳にします。

 

 

そこで今回は、保険での貯蓄のメリットであったり、どんな人に向いているのかなどをお話したいと思います。

そもそも保険での貯蓄というと積立でイメージしやすいと思いますが、基本的には老後に向けた長期的な貯蓄になります。

 

 

ただ、実を言うと積立というのは意味がなくなってきています。

なぜならマイナス金利が導入されて、お金が増えなくなっているのです。

さらに言うと、終身保険の方が良いと思いますよ。

なぜなら加入した時点で保障を持つ事が出来るからです。

 

 

積立の場合、積立しているお金が死亡保障金額になっています。

要するに、マイナス金利で長期的にもお金が増えにくい、かつ保険会社に払っている保険料が死亡保障金額になっているという事です。

これだったら、銀行にお金を置いていた方が良いと思いません?

 

 

終身保険であれば、最初から死亡保障があります。

例えば、30歳で1,000万円の終身保障に加入したとします。

60才までの払い込み期間だとすると30年間払い続けて生きますよね?

貯蓄面で見た時に、60歳までに保険料として800万円を払ったとします。

 

 

無事に60歳迎えたときに800万円以上のお金が返ってきます。

しかし、仮に40歳で交通事故で亡くなった場合、1,000万円の保険金が支払われます。

これだったら、保障もありつつ、貯蓄しているので、結構良いと思いませんか?

ただ、根本的な考え方をお伝えします。

 

 

終身保険というのは、名前の通り一生(身が終わるまで)の保障を残すイメージです。

その為、解約して将来の為の貯蓄という意味で加入するのと、自分の葬式代として、300万円は一生の保障として残す為に加入する契約を別にした方が良いかもしれませんね。

このように保険と言っても、色んな目的によって使い分けて活用したら良いと思います。

保険って本当に早い方が良いの?と思っているあなただからこそ知って欲しい2つの理由

 

社会人になると1度は、保険は早く入った方が良いって言われた事ありませんか?

親であったり、会社の先輩あるいは保険屋さんに聞いたかもしれませんね。

しかし、その言葉だけでなぜ早く入った方が良いか知っていますか?

 

 

この理由を殆どの人が知らないので、保険と聞くとしつこいというイメージだったり、営業で言っているだけだろうと思っているのかもしれません。

そう思っているあなたに向けて今回は、保険にできれば早く入った方が良い理由を大きく2つに分けてお話したいと思います。

 

 

1つ目は、ご自身の健康状態です。

皆さん、まだまだ健康だから大丈夫って思っていますよね?

しかし、健康診断の結果で再検査を受けてくださいなんて書かれていたら、もしかしたら保険に入れない可能性があります。

 

 

あるいは、条件が付いてしまったり、通常に比べて保険料が上がってしまったり。

このタイミングは、誰にもわからないです。

ただ私みたいに保険に携わっていると、いざ保険に入ろうと申し込みを頂いていも条件が付いてしまったり、入れない人って結構いるんですよね。

 

 

あとは、うつ病です。

最近、うつ病の人は多いですよね?

うつ病って保険に入れないの?って驚かれますけど、残念ながら入れないです。

 

 

なぜなら、うつ病と言うのは精神的な病気なので、自殺してしまう可能性も出てくるからです。

なので、気軽に病院へ行って、うつ病と判断されるのは気をつけてくださいね。

2つ目の理由は、損得の話になります。

わかりやすいように終身保険でお話したと思います。

 

 

終身保険というのは、貯蓄性のある保険です。

例えば、自分が万が一亡くなったら1,000万円出るという終身保険に加入したとします。

60才まで保険料を払い込んだとして、20歳で加入したらトータルの保険料として払い込む金額は940万円です。

 

 

しかし、保険はまだ必要ないと判断して、30歳で同じ1,000万円の終身保険に入ったとします。

そうすると、トータルの保険料で払い込む金額は955万円。

このように年齢を重ねるごとに、多くの保険料を払って、保障金額を手に入れる事になります。

 

 

さらに貯蓄性がある保険に関しては、若い年齢から入っていた方が保険会社で運用する期間が長くなるので、解約した時に返ってくるお金が大きくなっていきます。

要するに2つの差額が広がっていくという事です。

こんな2つの観点からすると早く入った方が良いという情報が流れているのです。

 

 

特に貯蓄性のある保険に関しては、大きな差になっていくので、独身であっても早めに入った方が良いと思いますよ。

結婚して、お子さんが生まれたら掛け捨てでしっかり家族を守れる保険に入っても良いと思いますし。

 

 

こんな感じで早く入るべきものかの判断をする事も大切ですね。

入院は月初の方が自己負担が少ない!

入院って、以外と身近にあると思います。

 

実は入院にもポイントがあるんです!

 

入院は健康保険の高額療養費制度によって、自己負担は最終的に10万円を超えないケースがあります。

 

しかし月を跨いでしまうと、自己負担が増える可能性が高いです。

 

なぜなら上記の制度を申請する際に月単位で計算されるからです!

 

例えば、1月20日に入院して2月10日に退院となり、請求額が50万円が掛かりました。

 

単純計算で1月分が25万円、2月分が25万円としましょう。

 

制度の申請を行った場合、1月分が自己負担が約8万円、2月分で自己負担が約8万円となり、計16万円となります。

 

では、入院を2月1日から20日にした場合はどうでしょう?

 

請求額の50万円に対して、申請を行い、自己負担が約8万円になります。

 

ということは…同じ入院・手術であっても自己負担の差額が発生するという事です!

 

緊急の入院でなければ、月初に入院して、月を跨がないようにしましょう!

親の資産管理は大丈夫⁉︎

2017年、初の投稿になります!

 

本年も宜しくお願いします!!

 

本日はこれからの介護についてお伝えしたいと思います。

 

介護負担が大きくなっている事はご存知でしょうか?

 

2015年8月には介護保険創設以来1割だった利用者負担が、合計所得金額160万円以上ある人は2割負担となりました。

 

さらに、2018年8月から現役並みの所得がある高齢者は利用料の自己負担割合を2割から3割に引き上げるという介護保険制度見直しが決まりました。

 

増加する介護費用の対応策として、まずは介護保険制度を上手く利用する事です。

 

介護費用の平均月額は、公的介護保険の費用も含め在宅介護で約6万9000円(家計経済研究授所)と言われてます。

 

在宅介護のポイントは介護保険の利用限度額を死守できるかです。

 

その為には、介護のコーディネートを行うケアマネージャーに相談して、経済的にも肉体的にも負担の掛からないケアプランを作成する事が大切です。

 

親の介護となると費用分担が問題になる事もあります。

 

しかし、親世代は比較的年金の支給額が恵まれている為、基本的には親の保有している財産の範囲内で賄える事がベストです。

 

親の介護費用を子どもが負担となるとかなり余力がないと共倒れしてしまいます。

 

なので、親の生活でムダな出費があるようでおれば、アドバイスや運用させてあげた方が良いでしょう。

 

また当然、国の制度もありますので、また投稿させて頂ければと思います。

医療保険って本当に必要⁈

本日は、病院の制度などを踏まえながら医療保険について、お伝えしたいと思います。

 

よく「今は早く退院できるようになった」などという言葉を聞きませんか?

 

実は、本質として入院日数が年々減少している理由があります。

 

それは、早く退院させないと病院が儲からないのです。

 

原因としては、少子高齢化です。

 

4人に1人が65歳以上の時代です。

 

入院日数を短くしないと、入院したくてもできない患者が溢れたり、医療費負担をしている私達現代世代の保険料はさらに大きくなります。

 

もう1つは日本の制度で出来高制から包括支払制への移行です。

 

簡単に言うと、これまでの検査や投薬をすればするほど、病院側は儲かる仕組みになっていましたが、検査や投薬の回数ではなく、病院ごとに1日の医療費を定額にしました。

 

例えば、◯◯という病名の場合、

1〜10日までは◯◯円

11日目以降は◯◯円

このように定められています。

 

この制度にすれば病院からすると、無駄な検査や投薬を減らした方が利益が出ます。

 

元々は、2002年に大学病院で試験的に導入された制度だったのですが、今では全国的に広まっています。

 

この実状と医療保険の損得を照らし合わせてみましょう。

 

医療保険の保険金は、手術給付金と入院給付金の2つで構成されています。

 

例えば、手術したら◯◯万円、入院1日あたり◯◯円という構成です。

 

要するに手術して、長く入院した方が得をするという事です。

 

なので、一概に医療保険は必要ないという事ではありませんが、国の制度であったり、医療保険の仕組みを理解した上で検討した方が良いでしょう。

湯本へ行ってきました!

今日は仕事で福島県の湯本まで行ってきました!

 

私は普段、首都圏にいますが、やはり一味違う寒さですね(^^;;

 

今回は電車で行きましたが、電車に乗っていると少し緑がかった綺麗な青い海が見えてきます!

 

そして、湯本駅に着くと駅内に足湯がありました!

 

浸かりたかったですが、さすがにスーツだったのでやめておきました(^_^;)

 

ゆっくりと時間が流れているような気がして、とても落ち着く事ができました!

 

仕事ではありますが、様々な地域の特色や色々な季節などを感じる事ができるって、幸せな事だと思いました!

 

こんな幸せを実感しながら、自分の目標に対して日々成長していきたいと思います!

 

f:id:FP92:20161206183621j:image f:id:FP92:20161206183656j:image

基軸通貨とは?②

前回に引き続き、基軸通貨について書いていきたいと思います。

 

前回、アメリカのドルが信用が高いなんて話をしましたが、なぜ信用力が高く、世界中で流通しているのか?

 

基軸通貨たるゆえんは、世界一の経済力と世界一の軍事力です。

世界一の経済力を持つ国の通貨は、価値の変動が少なく、安定します。

 

逆に、経済の安定していない国の通貨は、価値が安定しません。

 

そのため、商品の代金として受け取るお金は、安定していて、価値の減りにくい通貨が好まれます。

 

実際にアメリカはリーマンショックの後、「アメリカ中の森がなくなる」というジョークが、出るほど、ドルの発行をしましたが、暴落していないですよね。

 

「通貨別の外国為替世界シェア」(2013年)

アメリカドル             87.0%

ユーロ                       33.4%

日本                           23.0%

イギリスポンド         11.8%

オーストラリアドル   8.6%

 

※上記、国際決済銀行BISが公表